生きる力を育てる。

自分の子どもを育てる時に大切にしたいと思うことを
保育園でも実践していきます。

強い子

最後までやる抜く大切さを知る。

ひとりでも、また仲間で助け合いながら。

賢い子

自分でよく考え、行動できる力を身につける。

保育者の指導の仕方が重要。本に触れる機会を多くする。

優しい子

相手の気持ちを想像したり、理解しようとする力を養い、
思いやりのある心を育てる。

保育者からの問いかけ、語りかけを多く、
また子ども同士の話し合いの場も大切に見守る。

保育目標

  • 日常の保育の中で食べることや運動することを大切にし、心と身体の健康作りを行う
  • 豊かな感性を育て、自分の気持ちを表現できる力を養う
  • 異年齢の子ども達が共に生活することによって、自立心を育て、一人で生きていく力を保育の生活を通して身につける

保育特色

  • 異年齢保育を推奨します
  • モンテッソーリ教育を取り入れます
自然環境
花、野菜などの栽培、小動物の飼育を通し動植物の成長に関心を持たせる。
音楽表現
音楽を聞いたり歌ったりリズム遊びや楽器を使って五感の発達を促す。
絵画表現
経験した事や感動した事を絵に表現する。いろいろな素材をつかって、創意工夫して作品を作り出す。
文字遊び
自分の名前を読んだり書いたり日常生活に必要な文字、数字を知る